被リンク

被リンクは相手のWEBサイトから受けるリンクのことでバックリンクとも呼ばれています。

自分のサイトを基準に考えた相互リンクの場合、自分から相手へのリンクは「発リンク」、相手から自分へのリンクは「被リンク」になります。

相手のサイトを基準に考えた相互リンクの場合、相手から自分へのリンクが「発リンク」、自分から相手へのリンクが「被リンク」になります。

Googleのアルゴリズムはページランクの高いサイトから被リンクをもらうことにより、自分のサイトの評価が上がりページランクが上がるとされています。

ページランクに関係なく、やみくもに被リンクを増やすという行為はかえってリスクが高くなりますので注意しましょう。

また、被リンク数だけではなく、質、ドメイン、IPアドレスなどまでもが評価の対象となっていますので、被リンクだけではなく他のことにも気を配りましょう。

人工知能とseoの進化について

人工知能とseoの進化については、現在も進行している途中であることがあげられます。人工知能についてはAIとも言われていて、ニュースや新聞などでは聞かない日がないほど、話題になっていて各方面での注目が集まっています。

Google社においては、しっかりと対応されていてアルゴリズムにおいても導入されています。RankBrainのアルゴリズムについてはAIの知能が付いていますので、これまでの検索と異なり、より快適に検索ができるようになっています。今後はどのように進化していくのか目が離せない点が言えます。

seoは質が求められるようになった

質の悪いseoを行っている場合は、人工知能によって学習した検索システムが、そうした問題を排除するようにしています。質の悪いものはどんどん覚えてしまうので、これは駄目だと考えて排除して、検索順位を大幅に下げてしまいます。

これは昔から行われているのではなく、ここ最近になって実施されているのです。seo対策を行っているサイトが増えて、方法についてもどんどん出てくるようになりました。その結果、利用しているサイトが増えてしまい、変なサイトが上位に入るような傾向にあります。これらの問題は駄目なので、Googleも対策を考えたのです。

seo対策アウルアップデートの目玉

新しく出てきてseo対策の一つであるアウルアップデートの対策の目玉は一体どのような所にあるのでしょうか?「どういったサイトが対象になるよ」という連絡がくるわけではないので順位が著しく下がってしまったのかとみていきましょう。

①嘘の情報を盛り込んでいたサイト②サイトの順位が落ちてしまったのでコンテンツを修正したサイト③3.おかしなサジェスト検索の内容をGoogleに報告しやすくしたサイトの順位が落ちていたと言われています。つまりこのseo対策で一番大事になっていたのは「偽の情報を載せているサイト排除」だと言われています。

アウルアップデートに対するseo対策

アウルアップデートは「嘘や虚偽を含む情報を載せているサイトの排除」がメインになっています。そのためこちらに引っかからないようにするためには嘘の情報を載せないようにすることが大切です。

つまりseo対策をするとすれば情報は正しく載せること、嘘は載せないことが重要になってきます。またフェイクニュースや@広告といった所から情報をとってきているようならそれは対象になりやすいので避けた方が無難でしょう。アクセスした人が「嘘の情報を載せているサイトが多い!」と連絡を検索サイトに入れた結果がこうなったということのようです。

seoに関するキーワード