SEOにおいてはコンテンツで勝負

どれだけアルゴリズムが変化する様な事があったとしても素晴らしいコンテンツのホームページというのは、高く評価されやすいと言われている様です。

アルゴリズムの隙をついた様な対策方法であれば、その時点ではよくても、今後アルゴリズムが変わるとフィルターにかかってしまい、部分的に対策をやり直さないといけない事も考えられます。

それなら、SEOにおいてはコンテンツで勝負したいですね。またいいコンテンツをたくさん用意するというのは検索エンジンにとっていいだけではなく、ユーザーに対しても有益な情報を配信し続ける事ができます。

SEOを強く意識する人であれば、ぜひより良いコンテンツを作成する事に力を注ぐのもいいかもしれません。

seo対策ではRankBrainは怖くありません

AIをベースに学習するRankBrainは常に改善され続けています。世界中で使用されていますが、特にseo対策をする方法は必要ないと言われています。これまで理解することが出来ない、関連ワードや話題のワードが理解することが出来るようになっただけなので、いままで通り、きちんとコンテンツを作り、リンク導線やディレクトリをしっかりと整備していれば、問題はありません。

ユーザーの為のサイト作りをしている方は、何ら問題はありません。人工知能を搭載したRankBrainと聞くと、少し対策をしないといけないような気がしますが、今まで通りサイトを運営していれば、大丈夫だと覚えていてください。

RankBrainを理解しseo対策を行いましょう

人工知能システムのRankBrainはグーグルが名付けた機械学習システムのことで、入力された検索結果を処理する用途で活躍しています。機械学習はコンピューターが、人間やプログラミングによって学習するのではなく、コンピューターが自身で学習する仕組みです。

学習をしていくので、今まで理解することが出来ないような隠語を使用しても読解されてしまうということです。seo対策としては、コンテンツをしっかりと作り、リンク導線やディレクトリを整備していれば、問題ありません。つまりユーザーの為のサイト作りをしていれば、RankBrainは何ら問題ないので、普通にサイト作成を行っていれば良いです。

seoやRankBrainについて

インターネットのビジネスでは、seoの存在は欠かせないものになっています。seoはGoogleやYahooをはじめとする検索エンジンで、検索をおこなった場合において、順位の表示を司っていくものです。

この対策がうまくいった場合には、検索エンジンで上位に表示される可能性が高いでしょう。しかしながら、つねにアップデートがおこなわれていきますので、新たな情報をその度におっていくことが必要になってきます。最近では、RankBrainがアップデートされましたので、新たに攻略していく必要があると言えるでしょう。

3番目に需要なseo対策のRankBrain

2015年にgoogleで導入しているRankBrainは、学習機能が備わったシステムで検索ワードからより詳細なサイトを表示できるようになっています。3番目に重要なseo対策とされていますが。

メインキーワードとサブキーワードをしっかり分けることで可能となるため、これまでのコンテンツづくりの延長線上のようなものですから、この点を心得てサイトづくりをおこなっている人は特別な対策をする必要がないといえます。RankBrainが導入されたことで、関連するワードで検索しても表示されるようになりましたので、検索する側にとっても嬉しい配慮です。

seo関連